痩せやすい体質を作って健康的にダイエット

「頑張っているのに痩せない」

こういったダイエットを始めてもいつまでも痩せられない場合、原因はあなたの体質が痩せにくいからかも知れません。
新陳代謝など体質には個人差があるので、同じダイエット方法を試しても結果には差が出てしまいます。
だから頑張ってるのに想像と違って痩せないと、やる気も無くなり挫折することに。

そこであなたの努力がしっかりと結果に活きるように、痩せやすい体質作りについて解説しています。
あなたも痩せやすい体質になれば、頑張った分だけ効果が実感出来るように。
そうなれば目標の体重まで、挫折すること無くダイエットが続けられます。

痩せやすい体質を作る簡単な方法


ダイエット時に痩せやすい体質を簡単に作るおすすめの方法は、サプリメントを使うことです。
そもそも痩せやすい体質とは、

  • 代謝が良い
  • 溜め込まない

の2点が重要なポイントになります。

特に便秘で悩む女性にとっては、溜め込まない体質になることが大切です。
でも下剤や便秘薬などの薬を使って排出をしている間は、薬によって解決しているだけで体質の改善にはなりません。
体質改善の努力をしないで便秘が慢性的に続いている間は、ダイエットをしても効率的に痩せるのは難しいから注意。

デトックス系のサプリを使うことで、即効性はなくても徐々にその効果を実感出来るようになります。
下剤などは単に排出するだけど終わってしまい、慢性的な便秘だと毎日飲み続けることに。
でもサプリを使えば腸内環境の改善効果が期待できるのが大きな違い。

痩せやすい体質を作っていくには、どうすれば良いか分かりにくいのが問題ですね。
だけど腸内環境を整えるデトックス系のサプリを飲むだけなら、簡単にできるから便利。
腸内環境を整えるのには、乳酸菌などで善玉菌を増やすことが定番の方法です。
ダイエットサプリにも種類はいくつかあるけれど、痩せやすい体質を作りたいなら排出をサポートするデトックス系のサプリがおすすめ。

乳酸菌や食物繊維が豊富に含まれたタイプのサプリを使えば、腸内環境が整うので他のダイエット方法を試したときの効果が実感しやすくなるのが嬉しいメリット。
しかも腸内環境の改善は痩せやすくなるだけでは無く、体調にも好影響を与えてくれるのも特徴です。
サプリメントを飲むだけの簡単な方法ですが、痩せやすい体質に繋がるしダイエット効果が出なくて悩まずに済みます。

便秘で溜め込む体質だと代謝も悪く痩せにくい

ダイエットを頑張っても溜め込む便秘体質だと、代謝が悪いから効果が出にくいのが問題です。
体重が減って結果が少しでも自覚できれば、頑張ってダイエットを続けるモチベーションになるもの。
だけど頑張っているのに変化がないと、諦めるしか無くなります。

代謝が悪くてあなたが溜め込む体質のままだと、痩せるどころか逆に太りやすいとも言える状態です。
太りやすい状態のまま食事制限や運動などを行っても、辛いだけで結果が伴いません。
しかも便秘がちな女性は血行も悪くて、冷え性の可能性も高くなるから新陳代謝が悪いままだと他にもデメリットになります。

代謝機能が下がっていると、努力を続けてもなかなか結果に反映されなくて当然です。
便秘薬はその場での便秘解消には役立つものの、腸内環境の改善には役立たないもの。
だから毎日便秘薬を飲み続けても、太りやすくて痩せにくい体質は変わりません。
でもダイエットサプリで乳酸菌や食物繊維を摂取していれば、腸内環境が整うから体質改善にも効果が期待できます。

しかも乳酸菌の入ったヤクルトやチーズ、ヨーグルトなどを毎日食べるよりも、手軽に続けられるから体質改善にはもってこいの方法。
もちろん食物繊維も野菜などから摂取するよりも、他に好きな食べ物が食べられるからサプリからの摂取する方が便利ですね。
理想的なのは食事から乳酸菌や食物繊維を摂取することですが、カロリーや塩分、炭水化物などとのバランスを考えるとサプリの利用がおすすめです。

規則正しい生活も痩せやすい体質には大切


腸内環境を整えるだけでは無く、規則正しい生活を続けていくことも痩せやすい体質を作るためには大切なポイント。
不規則な生活を続けていれば、疲れも溜まって代謝も滞ります。
特に成長ホルモンが分泌される寝ついてから3時間の睡眠の質がとても重要なんです。
以前は午後10時~午前2時ごろまでが成長ホルモンのゴールデンタイムと呼ばれていたものの、最近はその常識も変わってきているから注意。

成長ホルモンは

  • 骨の成長
  • 筋力アップ
  • 脂肪を減らす!
  • 肌艶を改善!
  • 病気リスクを下げる
  • 認知症予防
  • 糖尿病を予防

など美容はもちろん、健康にも関係している重要なホルモンなんです。
睡眠の質を良くしたければ、規則正しい生活を続けて寝る時間を習慣化するのがおすすめ。
睡眠時のホルモンの分泌はダイエット効果にも影響があるから、痩せやすい体質になりたいなら規則正しい生活が大切です。

ダイエットサプリを利用する際の注意点


ダイエットサプリは食品であって、便秘薬などの薬とは違います。
でも利用する際には注意点もあるので、色々な種類をとにかく飲んでいれば良いわけではありません。
最近はネット通販で海外からも手軽にサプリメントの購入が出来ますが、安いものの中には粗悪な商品もあるので注意。

だからダイエットサプリを選ぶ際は、値段の安さだけでは無くメーカーについても確認すること。
聞いたことも無いメーカー製のサプリだと、品質面が怪しい可能性があります。
口に入れるものだけに、コスパだけでは無く安全性も確認して選ぶことが大切です。

更に日本と海外では法律に違いがあるので、国内だと認められていない成分や配合量の多い商品もあります。
国内では配合が認められていない成分が、海外製のサプリには入っていることも。
日本人女性は海外の人たちに比べると体格が違うので、量が多いからと言って喜んでばかりはいられないんです。
あなたの体質によっては体に悪影響がでる可能性もあるから、日本人が安心して利用できる国内メーカーのダイエットサプリを使うのがおすすめ。

そして体質というのはじっくりと時間をかけて改善していくものだから、サプリを大量に飲むような真似もしないこと!
たくさん飲んだとしても、急激に痩せやすい体質が作れる訳ではないから勘違いしないように。
もちろん国内のダイエットサプリならば食品なので、大量に飲んだり複数のサプリを混ぜて飲んでも健康被害の心配はそれほど高くはありません。

でも色々と混ぜることで効果が出にくくなる可能性もあるし、無駄にするだけだから焦らずにじっくりと体質を作ることが大事。
ダイエットサプリはあなたのダイエットをサポートしてくれるけど、飲めば痩せる魔法の薬では無いので期待しすぎないこと。
それぞれの商品毎に1日の摂取目安量が書いてあるから、それを参考にして飲むのがおすすめです。

ヘルシーな食事で食べながらダイエット

痩せやすい体質を作るだけではなく、食事で何を食べるのかも大切なポイントになります。
だからヘルシーな食事を中心にして、食べながら痩せるダイエット方法がおすすめ。
痩せやすい体質を作るとしても、あくまでも痩せやすいだけだから食べ過ぎれば太ることになります。

置き換えダイエットで食べながらダイエット


トマトはリコピンやビタミンなど栄養豊富だし、ヘルシーな野菜だから置き換えダイエットにおすすめ。
トマトとリコピンについてはこちら。
全国トマト工業会:トマトの栄養「リコピン」
しかもトマトは料理にも色々と使えるだけに、置き換えダイエットを飽きずに続けて行けるから便利です。
旬のトマトならばそのまま丸かじりでも美味しいですし、ホールトマトをスープなどに使ったりトマトジュースという選択肢もあります。

特に夕食については寝るまでの活動量が少なくなるから、食後のカロリーの消費がしにくい時間帯。
だから夜はトマトに置き換える夜トマトダイエットがおすすめです。
逆に日中はしっかりと活動できるように、朝と昼はきちんと食べることが大切。

ダイエットを始めた途端に体調を崩したり、疲れやすくてやる気が無くなっていく女性もいます。
理想の体重になることは大切ですが、仕事などもこなさないと周囲に迷惑をかけることに。
そういった失敗をしないためにも朝食と昼食はしっかり食べて、夕食を置き換える夜トマトダイエットがおすすめです。

ただしトマトは色々と工夫しやすい野菜ですが、ドレッシングなどの油分を増やす食べ方には注意。
せっかくヘルシーな置き換えダイエットのはずが、トータルカロリーが高くなっては意味がありません。

食べる順序も大切

食べながら痩せたいならば、食べる順序も大切になってきます。
私はヘルシーなカニが好きだから、おすすめのカニ通販サイトを使ってたまにご褒美としてお取り寄せをしています。
でもズワイガニやタラバガニそのものはヘルシーでも、食べ方や食べる順序によっては脂肪の付きやすさが変わると言われているんです。
カニ鍋のように他の食材も一緒に食べる場合は、食べる順序を気にしながら食べています。
順番としては

  1. 野菜
  2. カニ
  3. ごはん

という流れ。
やっぱり野菜を最初に食べるというのは、ダイエット方法の基本ですよね。
だからお鍋によって入れる野菜は白菜や春菊、ネギなど色々と変わるけど、必ず最初は野菜から食べるのが基本。
豆腐を入れる場合も大豆が原料だから、他の野菜と一緒に最初に食べます。

そして野菜を食べてからメインのカニをいただきます。
カニが少ないときはカキや鱈などを入れることもあるけど、そういったものも野菜の次に食べるんです。
そしてご飯を最後に食べるようにすることで、炭水化物の食べ過ぎなどを避けるようにしています。
これは食物繊維の摂取などによって、血糖値などの緩やかな上昇も期待した食べ方。
こういった順番で食べることで、太りにくい=ダイエット効果が実感しやすい食べ方になるからおすすめです。

ダイエット中の間食については以下のページにて詳しく説明しています。
ダイエット中の間食は絶対にダメ?

無理のない目標を立ててじっくりと痩せる

痩せやすい体質を作ったとしても、ダイエットそのものは無理のない目標ですすめていくこと。
短期間で無理に痩せようとしても健康に悪いから、じっくりと健康的に痩せていくことが大切です。
あなたの体質が痩せやすくなったとしても、急な減量に耐えられる訳ではありません。

急激に痩せるためには、厳しい食事制限や運動などが必要になります。
でもあなたが特別なトレーニングをしていなければ、体調を崩すだけだし続きません。
食べる量が減ってしまえば、栄養失調や貧血などで倒れる可能性だって高まります。

でも徐々にでも体重が減っていくことが実感出来れば、途中で挫折せずにモチベーションが持続できるから安心してください。
その為にも変化が起こらない体質では無く、ダイエットサプリを使って痩せやすい体質を作っていくことがおすすめ。
溜め込まないことも大切ですし、食べる順番や何を食べるかもダイエットの成功には必要なこと。
ストレッチなどの腸活でデトックスをするのも良いけど、手軽なのは乳酸菌や食物繊維などをサプリで摂取する方法です。

炭水化物を食べるのは日中だけにするだけでも、痩せやすい生活になります。
だから無理をせずに、手軽に出来ることを取り入れてじっくりと痩せるのがおすすめです。
痩せやすい体質を作りながらダイエットを続けて行けば、リバウンドもしなくて済むし健康的に痩せられます。